過走行車の買取も可能なトラック家

過走行車の買取も可能なトラック家

車査定の基準の1つに、走行距離があります。走行距離にはボーダーラインが幾つもあるのですが、一番メジャーなものは10万キロですね。その距離を超えますと、売却金額が大幅ダウンするという話を情報サイトでよく見かけます。

 

ちなみに走行距離は、厳密には5万キロと10万キロと15万キロが目安になります。それらのラインを超えると、売却額は下がる傾向があるのです。
ちなみに買取業者によっては、過走行の車は買い取りをお断りしている場合があります。しかし「全て」の業者が、お断りをしている訳ではありません。中には過走行の車でも高く売却できる業者もありますので、業者をよく選ぶのは大事だと考えます。

 

では具体的にはどのような業者ならば過走行車を買い取ってくれるかというと、例えばトラック家です。名前通り、主にトラックという車を買い取っている業者ですね。その業者の場合は、走行距離がかなり有る車でも買い取っているのが特徴です。

 

例えばある時にトラック家では、ある方のトラックを買い取っています。そのトラックの走行距離はかなりのもので、実に50万キロをオーバーしている状況だったようですね。前述の15万キロを大幅オーバーしている車種ですので、一般的には買取が困難ではあります。しかしトラック家では、その車を数百万円で買い取っていたのだそうです。
ラパン 買い取り

 

この業者では、他にも走行距離が長い車を色々と買い取っていますね。20万キロ代の車を買い取っている事例もあるのです。それでもかなりの金額で売却できていますので、多少の走行距離がある車でもトラック家では買い取り可能という訳です。もしも「走行距離が長い車を売却したい」とお考えでしたら、ちょっとトラック家で査定を受けてみると良いでしょう。