車査定では修理歴や他社金額のウソを付かない

車査定では修理歴や他社金額のウソを付かない

車の買取業者に査定をお願いする時には、セオリーが幾つかあります。その中で重要度が高いものの1つは、ウソです。査定士とやり取りをする際には、決してウソを付くべきではありません。嘘をついてしまいますと、買取をお断りされる事もあります。

 

よく聞く話は、修理ですね。車査定では、修理歴は確実に見られます。修理歴のある車の売却金額は80万円ですが、無い車は50万円などの具合です。このために人によっては、車の修理歴はゼロとウソを付いている事があるのだそうです。

 

しかし、それは絶対に行うべきではありません。プロの査定士が見れば、修理歴などは見抜けるケースが多いからです。またその場では見抜けなくても、売却成立後に修理歴が発覚して車の差し戻しが発生するケースもあります。もちろん買取金額も差し戻しになるのですが。このため修理歴を偽ることだけは、絶対に避けた方が良いでしょう。

 

それと他店から提示された査定金額も、ウソは禁物です。例えばある業者Aに対して、車査定を依頼しているとしましょう。そしてAに依頼する前に、Bでも査定を依頼していたとします。Bから算出された金額は、60万円だったとします。この時にA社から65万円と算出されたとします。このような時に、顧客によってはB社の査定金額を偽っていることがあるのだそうです。「B社からは80万円と言われましたが」などのウソです。

 

しかし、それも見破られます。それを言ってしまうと、A社からは買い取りをお断りされてしまう場合があります。A社に対してB社の査定金額を伝えるのは有効ですが、あくまでも「正直」な金額を伝える必要がある訳ですね。
このように車を買取専門店に売却したい時には、「嘘をつかない」のがセオリーと言えるでしょう。
モビリオ 買取